検索
  • 福田 浩一

腹式呼吸・胸式呼吸

こんにちは☀️

福田鍼灸整骨院です。


今日は昨日のつづき【呼吸】について💡


呼吸を意識的にコントロールすることで

横隔膜が上下運動し、交感神経と副交感神経のバランスを取ることができる❗️

というお話でしたね🎶


まず、【腹式呼吸】は副交感神経【胸式呼吸】は交感神経の働きを優位にします。


【腹式呼吸】

腹部を膨らませて呼吸をします。

鼻ではなくお腹でコントロール意識で呼吸してみましょう。


横隔膜が上下運動することによって、横隔膜に密集している自律神経が刺激されます。

副交感神経をより優位にしたい場合には、

息を吐く時にゆっくりすることで副交感神経への刺激が強くなります。


リラックスしたい時や不眠、ストレスに

お悩みの方にはオススメの呼吸法です。

無理にお腹を膨らませず、

「気持ちいい」と感じる程度にしましょう👌


特に男性は30歳以降、女性は40歳以降から副交感神経の働きが鈍くなりやすいです。


最近心が乱れているかも?と思ったら

ぜひ一度試してみてください😇


【胸式呼吸】

胸部を膨らませて呼吸をします。

胸を横や、やや後ろに膨らませるようにすると呼吸が深まります。

鎖骨の下部に指を沿わせて胸の動きを感じてみてください。


交感神経に働きかけてくれるため、

血管が収縮し心拍数が上昇します。

頭がスッキリしたり、筋肉が動きやすくなるので朝や運動前にオススメです😊



ぜひ、ご自身の状態に合わせて取り入れてみてください✨



電話、メールの他に

当院ホームページ、

E-PARKやホットペッパー(福田整体院)からも

ご予約可能です✨

限定クーポンもございますので是非ご利用下さい!

★ご予約なしでも大丈夫です★




0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示